姉ちゃんは夕方にうつむく

「ピエロ」のこと、どのように感じているかな。「起業家」とは、常識的にはどう思われているのかな?べつに考察するわけじゃないよ。

熱中して体操する兄さんと月夜

名高い見学スポットであろう、斑鳩寺、つまり法隆寺へ訪問した。
法隆寺独特だという伽藍配置もばっちり見せてもらって、立派な五重塔、講堂も見ることができた。
博物館では、国宝に指定されている玉虫厨子があり、考えていたよりも小さなものだった。
このお寺様についてを知るには思いのほか、非常に多くの時を要するのではないかと感じている。

雲が多い月曜の晩は微笑んで
梅雨も終わり、今日セミが鳴いているのを聞いて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と感じた。
夏休みが始まる前の休みの日のお昼前、少年は縁側で入道雲を見ながらアイスクリームを舐めていた。
頭上では風鈴がときおり鳴っていた。
朝から日が強く、太陽が少年の座った足を焦がしていた。
少年は元気に半ズボン姿だった。
顔を伝って汗が流れ、アイスも溶けて垂れてきた。
少年は、近所にある屋外プールのオープンが待ち遠しかった。

のめり込んで泳ぐ妹とファミレス

友人が、マンションのベランダで、トマトを育てている。
実ったらトマトケチャップを作りたいそうだ。
彼女は、まめに水をあげないし、近くでタバコをふかすので、ミニトマトの周りの空気はあまり良くない。
丸一日水をあげてないという時の、トマトの見た目は、葉がしょぼんとしていて、なんとなくガッカリしている様子に見えなくもない。
可哀想になったので、水分を多くあたえると、次の朝には元気に復活していた。

雨が降る平日の晩に窓から
[確実にこうで当たり前だ!」と、自分自身の価値観だけで他人を判断するのは悪くはない。
けれど、世間には事情と言うものが人の周りにまとわりついてくる。
それを考えれば自信を手に入れるのは必要だけど、あまりにも否定するのはどうかな?と思う。
これ、一つの意見でしかないんだけれど。
生きにくい世間になる可能性のあるかもしれない。

熱中して吠える友人と壊れた自動販売機

少年は、今日は小学校の給食係だった。
マスクと帽子を着け、白い割烹着を着て、他の給食当番たちと、今日の給食を給食室に取りに行った。
今日の主食は、ご飯じゃなくてパン。
バケツみたいに蓋付きの大きな鍋に入ったシチューもあった。
少年は、一番重い牛乳だけは、男の子が運ぶべきだろう、と考えていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
だから自分が、バットに入った牛乳を持ったのだけど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
瓶入り牛乳は重いので女子には持たせたくはなかったけど、クラスでも一番かわいいと思うフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思ったので、少年はちょっとドギマギしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を持つことにした。

夢中で叫ぶ姉妹と電子レンジ
海辺がめっちゃ近く、サーフィンのスポットとしてもとっても有名なスポットの近所に住んでいます。
ゆえに、サーフィンをしている方はめっちゃ多く、会社の前に朝はやく少しサーフィンにという方もいる。
そのように、サーフィンをする方々が多数いるので、いっしょに行こうと言われることが非常にあったのだけれど、絶対に断っていた。
その理由は、自分が、運動神経が悪く、泳げないからです。
それでも、泳げなくても大丈夫だと言われ、やってみたけれど行った場所は上級者がサーフィンする場所で、テトラポッドが周りに広がっていて、スペースがごく狭い海だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

陽の見えない平日の夜は椅子に座る

きょうは、梅雨が明けて初めて大雨になった。
アジ釣りの約束を父としていたが、雷まで鳴っていたので、さすがに危険で行けそうにない。
一度、雨が降っていなかったので、やはり行こうということになったのだが、釣りに行ける準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨がやんだから来ていた釣り人が、あわてて釣りざおなどを車に片づけていた。
えさを買ってとかして用意していたのにもったいなかった。
またの機会に行ける日にと言って釣りざおなどをしまった。
来週は晴れが続くらしい。
その時は、次こそ予定を立てて行ってみる。

涼しい金曜の午前は友人と
辺ぴなところに住んでいると、インターネットでものが手軽に購入できるようになったのが、とっても楽だ。
それは、大型の本屋が市内に2軒だけしかなくて、品ぞろえも悪いから、購入したい本も手に入らないからだ。
取り寄せるよりはネットで購入するほうが手間がかからない。
なぜならば、書店に行くのにバイクで30分近くかかるからものすごくめんどうだ。
ネットに慣れたら、本以外もオンラインショップで手に入れるようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安価だし、型番商品は確実にオンラインショップ買いだ。
しかし、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

熱中して吠えるあの子と花粉症

普段、アパートで個人的に行えるような業務をして、稀にお声があると外に仕事に出る。
そのたまにが、最高に怠く感じてしまう。
こんなに面倒なら辞めてしまおうかと。
声がかかれば頑張るけれど、大勢の人間にはさまれて、団体で仕事をこなすのは難題だ。
そう親に持ちかけると、言いたいことは分かるけれど、と言って、クスクス笑っていた。

余裕で歌う兄さんと公園の噴水
時は金也とは、素晴らしい格言で、だらだらしていると、見事にあっという間に時間が無くなる。
もっと素早く勉強も課題も終われば、これ以外の事の方に貴重な時間を回すのに。
しいて言えば、外に出たり、自炊したり、英会話テキストを読んだり。
そう思いついて、この頃は、しゃきしゃきこなそうと気を張っているが、どこまで続くのか。

Copyright (c) 2015 姉ちゃんは夕方にうつむく All rights reserved.

サイトカテゴリ